上に立つ者としての務め

 良き人格者になることに努めている上司が数多いことでしょう。自分は決して部下にイヤな思いをさせたくないと強く思っていて、職場が常に良好な空気を保てるように心掛けているのです。部下を大切に守り育てていくことを信条としていて、部下が働き易い職場になるように労働環境改善に取り組んでいくのです。部下を貴重な戦力だと意識しているからこそ、部下が自分についてきてくれるように理想的な人物像を目指していくことが大切なのです。
 高い地位に就けば、今までよりも多くのストレスを抱えるようになるでしょう。責任のある仕事を任されるようになった嬉しさを感じると共に、その仕事を消化しようとするプレッシャーを抱くようになります。まだ経験したことのない仕事であるだけに、その仕事に早いうちに慣れたいと切望しているのです。重い責任感とプレッシャーを抱えていることで、今までに無い自分が形作られていくことを期待していて、新たに抱えることになるであろうストレスに対して果敢に立ち向かっていこうとします。部下から上司として意識されるようになるため、自分をしっかり持とうとする気持ちで溢れているのです。自分の裁量次第で理想的な職場に生まれ変わっていくことを見越し、誰もが良好だと思えるくらいの人間関係の構築に尽力していきます。思い描いた人間関係には、和気藹々と働く部下達の姿をイメージすることでしょう。本当に責任のある上司は、部下および会社の未来は自分の手に懸かっていると感じて行動しています。



,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です